KPAブロック
HOME > 土木資材TOP > KPAブロックTOP > KPAブロックとは?・ KPAブロックの特徴
  • KPAブロックとは?
 発泡スチロール(EPS)軽量盛土工において、EPSブロックに壁面材取付のアンカー金具が予め一体成形された壁面形成用の軽量盛土ブロック。EPSブロックの特性をそのままに、施工性と経済性の向上を可能にする軽量盛土資材です。
KPAブロックとは?
KPAブロックの従来工法との比較
  • KPAブロック 3つの特徴
優れた施工性と経済性
工期短縮とコストダウン
従来工法に対し、壁面の支柱工と基礎工が不要。壁面設置に重機を使用せず工期と工事費を削減。さらに、壁面材の後施工が可能で、壁面部EPS設置の作業性が向上します。

確実な壁面保持
EPSブロックと金具を一体成型
壁面保持のアンカー金具をEPSブロックと一体成形することで、強固で安定した壁面保持力を確保し、圧縮クリープ時にも確実に壁面材を保持します。

維持管理の容易性
壁面の部分取替が可能
アンカー金具の専用ボルトを脱着することで、必要な壁面材のみの交換が可能です。壁面材交換のコストを低減します。

KPAブロックを用いた構造イメージ